墨田区、台東区、荒川区の不動産売却はミエル不動産へ!

 

墨田区、台東区、荒川区での不動産売却はミエル不動産にご相談ください

2019/08/08

元より使いやすくが基本

こんにちは。

 

足立区からご売却のご依頼、誠にありがとうございました。

 

ご成約まで引き続きよろしくお願い致します。

 

さて、弊社も再販売をおこないます。

 

会社方針として、以前の室内より、機能性と仕様を高くするように設計しています。

 

簡単に表面だけ替えただけで高く売る仕事はいたしておりません。

 

「お客様のため」

 

体の良い方針はよく拝見します。

 

「自分だけのため」

 

利益を上げる必要があるので、致し方ないこともありますが、大概にしないと長く営業ができないように感じてのこと。

 

シンクとトップに隙間があると、カビや汚れが入りこむ原因になります。

だったら隙間が無い方が良いだろう。

 

「ステンレスはとても良いですよ」

 

本当にそうでしょうか。

 

次第に傷が目立つようなるステンレスシンクを勧める営業のご自宅のキッチン、実は、「人造大理石」だったりしませんか?

 

ご予算に限りがあって選択なさること、傷が目立ちやすいこと、ご存知でしたら誰にも憚られません。

 

「リフォーム済物件」や「新築戸建」のほとんど、もし、ご検討中の不動産が「ステンレスシンク」でしたら、お客様の幸せよりその会社の利益を優先する信念「ステンレス」押しです。

 

マンションに住んで初めて知ること。

 

凹凸のない防水パンにすると、洗濯機をそのたびに持ち上げなければ業者さんは洗浄してくれない。

 

その事実に驚愕するやら、愕然とするやら。

 

「あんたその筋肉、いつ使うの?」

 

と蔑まれる主人は仕事中。

 

家にいるのはほとんどが女性なので、筋肉バカでも在宅していなけりゃ、洗濯機なんて持ち上げられないでしょ。

 

貸し出している部屋は平らの防水パンなので、リフォーム後は一度も洗濯機下の排水管は洗浄していません。

 

高いリフォームを施したって肝心要は。

 

業者さんも知ってたんだったらそれを最初に言ってもらいたかったのが本音です。

 

 

引くだけで開く方が、年を召しても、子供でも、誰しも使いやすいだろう。

 

 

タオルや小物はどこに収納するんだ?

 

収納と分電盤の配置が悪く、吊戸棚は使えない。

 

だったら棚板が良いと思います。

 

なんて考えていたらキリがないのが正直なところですが。

 

この世の端っこで頑張っている不動産のプロとしては、常にお客様の使い勝手は考えたいところです。

 

社員に嘘までつかして、「高く買ってくれる人がいます」なんて。

 

前職でのこと。

 

入社して初めてご依頼をいただいたライオンズマンション両国第2、亀沢にあるマンションでした。

 

「法人は真剣にお探しです」BY 上司

 

販売開始してまったく売れず、待てど暮らせど一般の購入者様は現れず。

 

高く売れるはどこ吹く風。

 

理由を付して、どんどん価格を下げていただいて。

 

挙句の果てに。

 

「そんなに下げなくては売れないなら、今回は売るのを止めます」

 

真剣で前向きに検討していた法人様は一体どこに消えたんだ。

 

売主様としては至極当然のご意見で、その会社で売却することを止めていただいて正解でした。

 

「俺はあほじゃないだろうか」と思い出したが最後、晴れやかに(つまみだされ)(笑)

 

退職し、人様を騙さない道を歩いて早15年。

 

来年はおそらくすごいことになるでしょう。

 

 

依頼者ファーストで、本音で仕事をしたいものですね。

 

ヴェラハイツ本所吾妻橋、姿見を設置し最終形態です!

 

鏡設置はこちら。

 

http://www.glapagoss-tokyo.com/mirror

 

宜しくお願い致します。