墨田区、台東区、荒川区の不動産売却はミエル不動産へ!

 

墨田区、台東区、荒川区での不動産売却はミエル不動産にご相談ください

2020/07/26

火災報知器の正しき姿

おはようございます。

 

このたびはご契約ありがとうございました。

 

大手から弊社に専任でご依頼先を変更いただき、無事にご成約させていただきました。

 

大手に敵わないのは、目に見える枝葉だけだと自信をもっています!

 

売主様、買主様ともご希望通りのご成約となり、何よりでした。

 

さて。

 

以前の歌舞伎町火災から完全義務化された火災報知器ですが、それらに種類があるのをご存じでしょうか。

 

都市ガスとLPGガスがほとんどかと思います。

 

プロパン、ブタンLPGは液化石油ガス。

 

メタン都市ガスは天然ガス。

 

ブランド物しか思いつかない。

 

棘のやつ。。

 

液化で都市ガスの約2倍の火力があるのがLPG。

 

あのヒョウタンタンクです。

 

足立区北部や埼玉、千葉県ではまだまだ主流です。

 

都市部と異なり、千葉、埼玉ではLPGの理由が他にございます。

 

道路にガス管が埋設されていないエリアがまだまだある。

 

LPGが多い理由でもあり、ガス本管が前面道路に埋設されていても、引き込みに費用が掛かるので旧来まま、なんてこともよくあります。

 

LPGでも悪くないのですが、コスト高なのがデメリット。

 

最近都内ではあまり見かけなくなりましたが、シノケンハーモニーの共同アパート等ではまだ利用しています。

 

理由として?

 

あくまでもわたしの意見です。

 

誹謗中傷などと言われても困りますので。

 

都市ガスのような道路工事を含まず、工費が安価にすむ。

 

推定ですが、宅内配管までLPGガス会社負担。

 

一番デメリットを感じるのは「お住まいになっている賃借人」の方ではないでしょうか。

 

ランニングコスト増のしわ寄せは一般消費者様がもろにかぶります。

 

この件は以上となります。

 

元に戻ります。

 

都市ガス用の火災報知器は「天井」に設置するのが正しいです。

 

さて、LPGも同じく「天井」

 

ブー――!

 

正しくは、「床面から30cm」程度の低い箇所。

 

なぜなら、ガスの重さが異なります。

 

空気より軽い都市ガス。

 

空気より重いLPG。

 

LPG利用なのに、自宅の火災報知器がとんでもないところに設置されている?

 

もしもし?

 

建築主は○○。

 

はあはあ。

 

もしご自宅がそのような状態でしたら、不動産会社が一方的に悪いので、早めに設置しなおしていただいてください!!!

 

そういえば、先日もご契約で売主様にご来店いただき、「サッカーチームのスポンサーなんですよね!」なんて世間話になりました。

 

そうなんです。

 

「悪名高き不動産屋でも社会貢献させていただきたい」と、ほんとの正直な気持ちをお伝えしたんです。

 

「ぜんぜんっそんなことないですよーー」なんておっしゃっていただいたご主人の目は笑ってませんでしたが、顔は半笑いでした。。

 

いえいえ冗談です。

 

そのようなお言葉だけでうれしいです。

 

悪徳不動産屋と多くの方に代わる代わる言われる修行の日々。

 

大先輩ありがとうございます。

 

忍耐を学べます。

 

金ぴかネックレスに、数珠のアクセサリー、携帯に千社札、エナメル革靴、パンチパーマ、裏地に龍のスーツ、クロコのセカンドバック。

 

ナニワ金融道?

 

そんなん今どきおりませんが、それらは脈々と、ブランドバック、2ブロックピチピチスーツ姿に変わっているような、いないような。。。うーーーん。

 

裏も表も、どんな方にも接し方は不変で真面目に頑張るだけです。

 

お取引いただきありがとうございました。